極楽苑の心得・思い

私たちは、専門職の集団です。

新しい知識や技術の習得に努めます。
高い倫理観とプロ意識を持ってサービスを行います。
専門職同士が連携して質の高いサービスを提供します。

私たちは、高齢者の誇りを大切にします。

人生の先輩として、個人の誇りを大切にします。
高齢者が培ってきた経験や感覚に配慮します。
教えるよりも教えられる感覚を持ってサービスいたします。

サービスを受ける方の価値観や社会道徳を重視します。
障害を負った高齢者の気持ちに寄り添います。
普通の暮らしを実現できるよう心がけます。

私たちは、自己決定やプライバシーに配慮します。

わかりやすくケアを説明し、同意をとってサービスを提供します。
選択や決定が難しい場合には、相手の想いを代弁できるよう心がけます。
相手を傷つけない等、自分がして欲しくないことは高齢者にしません。

私たちは、家族もサポートします。

高齢者だけではなく、その介護者の幸せも大切にします。
常日頃から相談や説明、意思を確認します。
信頼や安心のため、明るく丁寧な対応をします。

私たちは、地域と共存します。

地域に求められていることを常に考えて活動します。  
先駆者としての誇りをもち、地域の介護をリードします。  
スタッフも地域の一員であることを意識して行動します。

私たちは、社会に支えられています。

社会保険サービスであることを忘れません。
資源を大切にし、無駄を省いて効率化に努めます。
常識の枠を超える過剰なサービスの要求には応じません。

私たちは、秘密を守ります。

業務上知りえた情報は、ケア以外の目的に使用しません。
安心して働くため、施設や同僚のことも他言しません。
退職後も同様に秘密を保持します。

私たちは、常識ある一人の社会人です。

ルールを守り、節度ある行動をします。 スタッフ同士、協調して力をあわせます。
自己実現に向って成長します。

私たちは、気持ちの良いケアを行います。

大勢の方々がサービスを待っています。 自己管理に気をつけ、
事故や感染症を予防します。施設内の美化に気を配り、明るい挨拶に努めます。